記事詳細

大関高安が全休 名古屋場所で負傷の左肘回復せず 大相撲秋場所

 大相撲の東大関高安(29)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が左肘の負傷のため、秋場所(8日初日・両国国技館)を全休することが6日、明らかになった。11月の九州場所は3度目のかど番になる。

 6日午前に東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で四股やすり足などで汗を流した。稽古後に「万全な状態で取れないのが一番。しっかりと切り替えて九州場所へ向かっていく」と語った。場所後の秋巡業への参加は未定。 

 高安は7月の名古屋場所で左肘を痛め、勝ち越してから休場した。夏巡業を全休し、8月31日の横綱審議委員会による稽古総見でも相撲を取らず、今場所への調整が不安視されていた。休場は2場所連続6度目となる。

 田子ノ浦親方は「(肘には)いろんな角度からの攻めがある。まずは相撲に耐えられる体に戻さなければならない」と話した。左肘は内側側副靱帯損傷で全治は1カ月程度と診断されたという。