記事詳細

貴景勝、大関復帰へ“マジック7” ライバル朝乃山を撃破 大相撲秋場所 (2/2ページ)

 協会を定年退職後、歌手活動に専念している元大関の増位山太志郎さんも、場所中は欠かさないテレビ観戦で貴景勝を最も注目している。

 「自分も経験があるが、大関のカド番ほど精神的にキツイものはない。カド番という言葉自体に追い詰められてしまう。ましてや貴景勝は10勝というノルマがある。8勝では何の意味もない。カド番どころではないのに、いい勝ちっぷりをしている。すごい精神力と感心しているよ」

 大関高安が初日から休場し、白鵬も途中休場したのも追い風。「引いて勝ったのは貴景勝らしく、余裕が出てきた証拠。2ケタはいけるでしょう」。10勝復帰経験のある藤島審判副部長(元大関武双山)も太鼓判を押した。10勝へ「マジック7」だ。

関連ニュース