記事詳細

鶴竜休場で横綱不在に 幕内妙義龍も 大相撲秋場所

 大相撲の東横綱鶴竜(34)=井筒部屋=が秋場所8日目の15日、日本相撲協会に「左膝内側側副靱帯損傷疑いで約2週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。西横綱白鵬も2日目から休んでおり、今年1月の初場所以来の最高位不在となった。

 鶴竜によると、場所前から左膝に違和感があった。2場所連続優勝が懸かっていたが、初日から4連勝後は5日目から3日連続で金星を配給していた。休場は4場所ぶり13度目。8日目に対戦が組まれた玉鷲は不戦勝。

 鶴竜は黒星に言及し「ああいう相撲を取り続けるのは良くない。相手を受け止めていないし、足が出ていない」と話した。再出場はしない方針。

 西前頭6枚目の妙義龍(32)=境川部屋=も「右下腿三頭筋肉離れで約2週間の安静を要する見込み」との診断で休場した。7日目の隠岐の海戦で2敗目を喫した際に、ふくらはぎを痛めた。休場は2017年九州場所以来で8度目。8日目の対戦相手、宝富士は不戦勝。回復次第で再出場する可能性がある。