記事詳細

巨人、5年ぶりセ・リーグVでも地上波テレビ中継なし!? 恨めしラグビーW杯…

 5年ぶりの優勝も、このままでは細々としたものになりかねない。巨人は16日の阪神戦(東京ドーム)に1-2で惜敗。2位のDeNAが敗れたため、優勝マジックは「4」に減った。

 9回にはベンチに残る野手が炭谷しかいなくなり、阿部の代走に投手の宮国が起用される珍事。

 宮本投手総合コーチは「僕もベンチからブルペンまで代走しました。『宮国、用意しろ!!』と。久しぶりに走りましたよ。電話より早いと思ったけど、電話の方が早かった…」と苦笑。阪神バッテリーはノーマークのようにみえたが、宮国は「ミスだけはしないように。さすがにあそこは走れないです。投手ですから展開は読めます」と俊足を披露することはなく、一塁から進めずに試合を終えた。

 これで最短Vは20日。敵地横浜で2位DeNAとの直接対決だが、思わぬ問題が浮上している。

 同日は日本開催のラグビーワールドカップ開会式で、日本対ロシア戦が行われる。巨人が優勝してもスポーツニュースなどの扱いは比較的も小さくなり、読売系のスポーツ紙以外は、日本が勝っても負けてもラグビーが一面となりそうだ。

 テレビも地上波中継されそうにない。20、21日はともに横浜戦で、BS-TBSで中継があるものの地上波の予定はない。22、23日のヤクルト戦(神宮)までもつれ込んでも同様。22日はBSフジ、23日はBS朝日で中継があるが、地上波はなし。特にフジテレビは「ワールドカップバレー」を開催中で巨人戦の地上波中継は不可能だ。

 どこの局も番組改編期で特番を制作しており、視聴率が高くない近年の巨人戦では、5年ぶりに優勝となっても差し替えることは難しい。

 「巨人は日本一にならなければ優勝ではない」という不文律があるそうだが、やはり7年ぶりの日本一になるしかないということか。(塚沢健太郎)

関連ニュース