記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】薬物違反バティスタに大甘処分のNPB やはり“鬼”のコミッショナーが必要だ (1/2ページ)

 NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会(斉藤惇委員長=コミッショナー)からアンチ・ドーピング違反で「9月3日から20年3月2日まで、6カ月間の出場停止処分」を科された広島・バティスタ。

 球団側は「ドミニカ共和国に帰国した。こっちにいてもやることがない。向こう(カープアカデミー)の施設を使うこともできない」、「(来季は)契約するかしないかわからないと伝えてある」としている。今季で6年契約の3年目が終了したばかりだ。

 「NPBの処分は軽すぎる。メジャーのように試合数で出場停止処分を区切らないと意味がない。バティスタの出場停止は事実上、(シーズンオフを挟んでいる分)1カ月に過ぎないじゃないか」と処分の甘さを指摘する声も噴出している。

 しかし、過去には禁止薬物使用に関して厳格なコミッショナーもいた。1986年5月8日から88年6月27日までコミッショナーを務めたが、健康問題のため任期途中で辞任した竹内寿平氏だ。

 西武が87年の春季キャンプに参加させた元ドジャース左腕エースのスティーブ・ハウに対し、毅然とした対応を貫いた。禁止薬物のコカイン使用常習歴があることで「絶対に入団を認めない」と断言。痩身で鶴を思わせる竹内コミッショナーの、まさに鶴の一声だった。なんとかハウを入団させようと画策した西武の思惑を一刀両断した。

 「メジャーリーグでは禁止薬物を使用しても、なんとか更正させようという考え方があり、実際に更正施設へ入れて立ち直らせようとしているケースがあることは知っている。が、日本では事情が違う。禁止薬物使用に対しては厳格な考え方があり、一度使ったら常習化する可能性が高いので、絶対に受け入れられないという世論がある」

関連ニュース