記事詳細

井筒親方・逆鉾の急死で弟・錣山親方、寺尾は沈痛 「相撲の天才、尊敬していた」 鶴竜ら3力士受け入れの可能性は… (1/3ページ)

 大相撲の「井筒3兄弟」の次男で人気力士だった元関脇逆鉾の井筒親方(享年58)の急死は、相撲関係者、ファンに大きな衝撃を与えた。気丈に振る舞って涙を誘ったのが、弟、錣山(しころやま)親方(元関脇寺尾・56)。17日、NHK大相撲中継の向正面解説として予定通り出演。「しょっちゅうけんかばかりしていたけど、尊敬していた」と故人を偲んだ。(塚沢健太郎)

 錣山親方は17日、長兄の元十両鶴嶺山とともに都内の病院ですい臓がんで闘病していた井筒親方の最期を看取った。

 「本当に頑張った。褒めてあげたい。最後まで顔を見られたことは幸せだった。小さいときから、しょっちゅうけんかばかりしていた。相撲に対しては天才。それをすごく尊敬していました」

 錣山親方は、一夜明けたこの日、朝8時から9時半まで木戸番(チケットのもぎり)をこなした。両国国技館に近い井筒部屋の前には、早朝から多くの報道陣が集まっていたが、木戸番を終えた錣山親方が駆けつけ「家族だけでやりたいので、撮影と取材はこれで止めてください。弟としてお願いします」と何度も頭を下げた。

 その後、午後4時前からNHK大相撲中継の向正面解説として予定通り出演。

 「母親が亡くなったのは(1979年夏場所の)千秋楽で、私は高校生でしたが、兄2人は力士で、師匠であるおやじ(先代井筒親方、2006年死去)が『おまえらお客さんいるんだから(病院から)帰れ』と。そういう育ち方をしているので、井筒も納得してくれていると思います」と断るつもりはなかったと明かした。

関連ニュース