記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ソフトバンク・工藤監督「進退問題」浮上危機! 2年連続V逸なら…王会長の面目丸つぶれ? “秋山再登板”待望論も (2/2ページ)

 球団史上ワースト新記録の5年連続V逸阻止のために背水の陣。リーグ優勝7回、日本一3回の実績を誇る原辰徳監督の3度目の登板と、広島のリーグ3連覇の原動力・丸をはじめとする大補強が成功している。

 王会長とすれば、何としても2年ぶりのV奪回を果たさなければ、面目丸つぶれになる。孫正義オーナーも事あるごとに「去年のようなリーグ2位からの日本一でなく、今年はV奪回して3年連続日本一を達成してほしい」と声を大にしているのだから。

 このままマジックナンバーがカウントダウンに入っている西武に逆転リーグ連覇を許せば、工藤監督は進退問題浮上を覚悟するしかない。すでに「秋山幸二前監督に再登板してほしい」という待望論まで聞かれるのだから。

関連ニュース