記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】この季節になると…Jリーグの“小ぢんまり感”で切ないね

 --アジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝で鹿島が敗退。残された日本勢は浦和だけ

 清水「この季節になるとここ数年はJリーグの小ぢんまり感を感じちゃうね。実に切ない」

 --アジアで勝てなきゃ世界でも勝てない

 「その通りだね」

 --鹿島は7月にFW鈴木(シントトロイデン)、MF安部(バルセロナ)、DF安西(ポルティモネンセ)ら昨季ACL優勝で活躍した20代前半の若手が移籍してしまいました

 「ACLでは敗退してしまったけれども、リーグ戦はFC東京を猛追して首位争いをしている。そこはたいしたモノと思うね。しっかり選手を育成しているよね。3人も移籍したら普通は右往左往する。ジーコ(元日本代表監督)という重しもある」

 --鹿島は大都市のチームではない

 「確かに欧州ビッグリーグでは、マーケットの大きい大都市のチームが資本力を使ってリーグの象徴になっているね」

 --Jリーグには神戸がありますが(苦笑)

 「大金でイニエスタを獲得したけど、神戸が勝っている? 35歳のイニエスタはこの先10年も日本にはいないからね」

 --ですよね

 「Jリーグにビッグクラブが生まれる日は来るのかな。大事なのは育成だよ」(元J1仙台監督・清水秀彦)=聞き手・久保武司