記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】林菜乃子 ティーアップしたボールを3Wで打つことでスイングをチェック (1/2ページ)

 ドライバーショットでミスをしたとき、「体が前に突っ込んでいる」(写真〔1〕)とか、逆に「重心が後ろに残ってしまい、インパクトでフェースが開いてしまっている」(〔2〕)という指摘を受けたことがある人も多いのではないでしょうか?

 実際、私も調子が悪くなるとこのようなスイングになってしまい、飛距離が落ちたり、ボールに余計な回転が掛かりすぎて左右に曲がってしまうことがあります。

 このようなミスをなくすためにいつもやっているのが、ティーアップしたボールを3番ウッド(3W)で打つ練習法です(〔3〕~〔6〕)。

 この練習で、あえてボールをティーアップするのは、地面に置いたボールを打つよりもクラブの入り方がよく分かるからです。

 ティーアップの高さは、ドライバーのときと同じ(つまり、3Wにしてはかなり高めということになります)。そして、低いライナー性の弾道になるようにこのボールを打ちます。

 打ったボールが低いライナーで飛んでいき、しかもフックやスライスになっていなかったらクラブがレベルに入っている証拠。

 逆に、ティーを打ってしまったり、ボールが高く上がってしまったときは、体が突っ込んだり、あおったりしていることが考えられるので、スイングを調整します。球筋を見ただけで、自分の問題点がひと目で分かるのもこのドリルの利点です。

関連ニュース