記事詳細

日本代表、ロシア戦勝利へ最強布陣! リーチ・マイケル「ピークに近い状態に持ってきている」 ラグビーW杯きょう開幕 (2/2ページ)

 日本代表の最年長出場記録を持つ38歳のロック、トンプソン(近鉄)はベンチスタート。控えには、田中史朗(キヤノン)が入り、3大会連続の代表経験を生かす。

 1次リーグA組で日本は世界ランキング10位、ロシアは同20位だけに絶対に勝って勢いをつけたい一戦。同組には同1位のアイルランド、同16位のサモア、同7位のスコットランドが入っており、上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

 ロシアは体格が大きく力強いプレーが持ち味。去年11月の対戦では、日本が辛くも32-27で逆転勝利を収めているが、決して油断はできない。34歳の司令塔、SOユーリー・クシナリョフ、キャプテンのFBワシリー・アルテミエフは経験豊富だ。15人のうち11人が前回対戦の先発と同じ顔ぶれとなった。

 ロシアのジョーンズ・ヘッドコーチは「日本との試合に勝つ可能性は20%だが、厳しい試合にする。何が起こるかわからない。我々は大きく成長している」。

 日本は密集から持ち味の速い攻撃でロシアを揺さぶることができるかがポイントになる。