記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本「ビジネスゾーン」 アドレスの状態で腕をリラックスして (1/2ページ)

 アドレス、トップオブスイング、フィニッシュの形をつくることができた後に必要なのが、ボールを正確に捉える技術でしょう。ビジネスゾーン(腰から腰の高さ)の動きを確認しましょう。

 まずアドレスと同じく前傾した状態を作ります。左膝を目標方向へ動かしガニ股のような下半身の状態をつくってください。シャフトが地面と飛球線に平行な位置(ハーフウェイダウン)にクラブをセットしてダウンスイングに入ります。左脇は締めてください(写真〔1〕)。

 フェース面はスイングプレーンと直角(進行方向に対してリーディングエッジが直角)にします。写真の位置から見ると、ヘッドのトップは真上ではなく、前方へ30度ほど倒れた状態になります。

 そして、右肘と右手首の角度をキープしつつ、左肘を伸ばしたまま、右足の母指球を意識して腰のターンで、インパクトのポジションまで下ろしてきます。フェースがスクエアにインパクトする形になるようにしてください(〔2〕)。

 そこからフォローへは、右足で地面を蹴るようにして体重を左へ移し、飛球線に沿ってヘッドがストレートに動くように両肘を伸ばしていくのです。右手首の角度はキープしたままです。体重は左脚の付け根で、ももの内転筋を意識します(〔3〕)。

 フォローで腰の高さまでいったときにも、左脇は締めたままで、左膝と両肘が伸びた状態になります。飛球線上にヘッドがあり、フェース面が地面に対して垂直にターンした(トウが上を向いた)状態を作ります。

関連ニュース