記事詳細

楽天・石井GMと平石監督 “グラウンド会談”の中身は?

 監督の去就問題が浮上している楽天。20日の西武戦(メットライフ)の練習中、石井一久GM(46)がグラウンドに姿を見せ、平石洋介監督(39)と15分話し込んだ。

 平石監督の今季限り退任説が報じられる中、石井GMは「僕も(監督の所へ)行きにくいんですよ。話していると、また何か言われたら面倒くさいので。(平石監督とは)毎日話していますよ」と苦笑。とはいえ、裏で話せばいいものを、わざわざ公衆の面前で話しているのだから、真意は計り知れない。

 この日はサヨナラ負けも、4位のロッテが敗れたため0・5ゲーム差で3位を死守。しかし平石監督は3位でも今季限りとみられており、次期監督には三木肇2軍監督(42)の昇格が最有力視されている。

関連ニュース