記事詳細

巨人・原監督「定義に反した選手出してしまった」発言の真相とは!? (2/2ページ)

 用意していた継投策に不測の事態で誤算が生じたのをきっかけに、本来は出す場面でない田原を抜擢。「冒険したんだな、自分の中で。田原は(調子が)いいときだった。肩もすぐできる。どこかに昇格人事で期待したのかもしれない。でもまだ早かった」。ひらめき起用は奏功せず。「試合途中で都合よく考えた」と自身の采配のブレを責めた結果が、「定義に反した選手」という独特の表現につながった。

 当時は不安定だった勝ちパターン継投を、以降は自身の“定義”に従いながら模索。勝利の方程式を組み上げ、就任1年目で覇権奪回を実現した。(笹森倫)

関連ニュース