記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】名古屋・風間監督の解任劇に思う…このままではフロントの言いなり“サラリーマン監督”だらけに (2/2ページ)

 --心底クラブを強くしたいと思っているフロントが少ない

 「サッカーを熟知しているフロントがほとんどいないよね」

 --だからフロントが使いやすいタイプの日本人監督や、Jクラブでキャリアがある外国人監督が何度でも指揮を執る

 「このままじゃ、フロントの言うことを従順に聞く“サラリーマン監督”ばっかりになる。Jリーグを知っている外国人監督は、重圧が少ないことをわかっている。風間監督のような独特な理論をもっている監督は埋もれちゃうよ」

 --監督だけ代わっても…

 「Jクラブのフロントもそろそろプロに徹しなきゃ。SNSで誰が悪い、彼が悪いとつぶやいても何も始まらないよ」(元J1仙台監督・清水秀彦)

 =聞き手・久保武司

関連ニュース