記事詳細

剛腕佐々木、プロ志望表明 ドラフト会議の目玉に

 高校野球で球速163キロをマークし「令和の怪物」と称される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、同県大船渡市内で記者会見に臨み、プロ野球志望を表明した。「レベルの高いところでプレーしたいと思った。タイトルを全て取れるような投手になりたい」と決意を述べた。

 プロ志望届は1日付で提出。17日のドラフト会議で最大の目玉となる。1位指名を明言している日本ハムなど複数球団の競合が予想される中、「12球団、どこでも頑張りたいと思っている」と、どの球団から指名されてもプロ入りする意向を示した。獲得を希望する球団との面談に臨む予定。

 身長190センチの大器で、4月の高校日本代表1次候補合宿で163キロを出して注目された。夏の甲子園出場が懸かった岩手大会決勝では故障防止の観点から登板することなく、チームは敗退。賛否両論が巻き起こった。(共同)