記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】悪いライに対応する練習法は? 難しいショットは忘れ“いいイメージ”残そう (1/2ページ)

 【今週の質問】いつも練習場のマットの上で練習しているせいか、コースに出るとちょっとディボットやラフに入っただけで、思いがけないミスをしてしまうことが多いです。悪いライに対応する練習はどのようにしたらいいでしょうか。

 悪いライの練習はあまりしない方がいい。練習はいいイメージで打てるようにすることが大事で、悪いライを想定して練習すると悪い癖がついてしまうからだ。

 確かにマットの上と比べると、コースでは様々なライの上から打つことになる。ラフに沈んでいたり、ディボットにつかまっていたりする。ベアグラウンドやフェアウエーバンカーなどもある。傾斜もあり、ダウンヒルを苦手にしている人も多い。

 悪いライに対応するためにいろいろな打ち方をする人がいる。クラブを上から入れたり、フェースを開いたり、カットに打ったり…。アドレスもオープンスタンスや右足にボールを極端に寄せて打つ人もいる。

 ただ、ボールのライは千差万別。打ち方をそのたびごとに変えては複雑になりすぎる。本来の自分のいいスイングがわからなくなってしまう。

 いつどんな場面に出くわすかわからない難しいショットを練習して混乱するくらいなら、難しいショットのことは忘れてしまった方がいい。コースでディボットに入ったら、「次のショットはミスしても仕方ない」と考える。

関連ニュース