記事詳細

西武・辻監督「メヒア残ってほしい」 今季で契約切れ…他球団は熱視線か (1/2ページ)

 西武のエルネスト・メヒア内野手(33)がクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズで他球団の熱視線を集めそうだ。

 強力打線の西武はレギュラーが固定されているためなかなか出番がなく、今季75試合、6本塁打は来日6年目でともに最少。しかし、シーズン終盤には、9月20日の楽天戦で松井裕からサヨナラ弾など、優勝目前に何度も値千金の活躍でチームを救った。

 今季で3年契約が切れるが、推定年俸は5億円で、残留なら大幅減は避けられない。辻発彦監督(60)は「俺としては残ってほしいよ。終盤は打撃がよくなっていたし、いいところで打ってくれて、メヒアさまさまだった。そりゃ、給料は下がるだろうけど」と熱望する。

 メヒアは、CSファイナルステージ(9日から)へ向けた2日の紅白戦(メットライフ)でも3ランに加え、ここ2年は1つもしていない盗塁(6年で4盗塁)も成功して強烈にアピール。さらに3日の紅白戦でも、ドラフト1位の松本航、アンダースローの興座(よざ)、粟津から3打席連続本塁打と大暴れ。これには辻監督も「盆と正月、クリスマスがきたね。(CSで)使いたくなるよね」と目を細めた。

関連ニュース