記事詳細

五郎丸も絶賛!日本を悲願8強へ導く“王様”田村優 アイルランド破った“黄金の足” 歴代首脳陣から絶大な信頼 ラグビーW杯 (1/3ページ)

 ラグビーW杯で日本(世界ランキング8位)は3日、1次リーグ3戦目の同15位・サモア戦(5日=愛知・豊田スタジアム)の先発メンバーを発表。田村優(30)=キヤノン=が開幕戦から3戦連続先発SOに起用された。3日現在、今大会PG(ペナルティーゴール)1位(6本)、得点2位(22)と抜群の個人成績を誇る。近寄りがたい雰囲気を醸し出し、チームメートから「王様」と呼ばれる男は「いつも通り自分の仕事をしっかりやるだけ」とそっけない。日本悲願のベスト8進出は、クールな司令塔の頭と足にかかっている。 (スポーツジャーナリスト・柏英樹)

 9月28日にアイルランド(当時世界2位、現4位)を破った大金星は、19得点中14点(PG4、ゴールキック1)を挙げた田村の正確なキックから生まれたといっても過言ではない。4年前の前回W杯で日本のキッカーを務めた、あの五郎丸歩(33)=ヤマハ発動機=もこう田村を絶賛する。

 「自分のようにラインの後ろにいるFBと違って、SOの田村は常に動き回っている。走ったあとのPGやゴールキックは息が弾んで正確に蹴りにくいものです。田村は動き回った後でも涼しい顔で蹴って決めている。すごいですよ」

 今大会参加20チームが2試合ずつを消化して1次リーグ前半を終え、個人成績の得点王争いでは田村が2位につけている。つい数日前まで22得点でトップに立っていたが、2日のニュージーランド(NZ)-カナダ戦でNZが9トライ9ゴールを挙げ、今大会最多の63点を奪い大勝。7ゴールを決めたSOマウンガが14点の荒稼ぎで、今大会通算26点とし一気に首位に躍り出たのだ。

関連ニュース