記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】西畑萌香 試合前は“アライメントチェック”に専念 (1/2ページ)

 「プロゴルファーは試合前、どんな練習をしているのか」

 そんな質問をアマチュアゴルファーの方から受けることがあります。練習方法は人によって異なりますが、私が必ずやっているのは、アライメントのチェックです。つまり、目標に対して真っすぐ立てているかどうかをチェックするということです。

 具体的には、写真〔1〕のようにスティックやゴルフクラブなどを使い、自分が向いていると思っている方向と体の向きとが合っているかどうかを確認します。

 なぜ、これを毎回やるかというと、いつもと同じように構えているつもりでも、その日の調子によって打ち出したい方向と体の向きが違っている場合があるからです。そして、この部分でズレが生じていると、どういう理由でそうなるかは分からないのですが、かなり高い確率でボールは曲がってしまいます。

 それを防ぐためにもアライメントのチェックが必要になってくるというわけです。

 プレーが始まってしまったら、道具を使ってのチェックができないので、アマチュアゴルファーの皆さんもラウンド前には必ずやっておいたほうがいいと思います。

 また、たとえ練習球の制限がある場合でも、ウェッジからドライバーまで全てのクラブを打つようにしています(〔2〕~〔5〕)。

 とはいえ皆さんがやっているように、1つひとつのショットで一喜一憂することはありません。全クラブで打つことによって確かめたいのは、その日の調子や体の具合、筋肉の張り具合など。それがストレッチなどで修正できるようなものであればそれに対応したメニューをやるし、修正が利きそうにない場合は、それを考慮して攻め方などを調整したりしています。

関連ニュース