記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本 「7つの症状」打点のズレを修正する方法

 感圧紙シールをフェースに貼って打点のズレが確認できたら、芯に当たるように修正しましょう。今回はトゥ側に当たっている人の修正法です。心当たりのある症状はありませんか。

 (1)《状況》前傾角度が深くボールから離れて構え過ぎています。

 《対策》少し棒立ち気味にし、前傾角度を浅く構え(写真〔1〕)、距離感をボール1個近く立つことと、ヒールに当てる意識を持ちましょう(〔2〕)。

 (2)《状況》ボール位置が左過ぎます。

 《対策》右足側にボール1個ずつズラし、ヒールに当てる意識を持ちましょう。

 (3)《状況》インパクトで体のスパインアングル(背骨の角度)が崩れ伸び上がっています。

 《対策》インパクトの瞬間に腹筋に力を入れて、頭をボール側に沈み込ませ、インパクトしましょう。

 (4)《状況》当たる瞬間に左肘を曲げ、引いてしまっています。

 《対策》ハーフスイングで常に両腕を伸ばしたままインパクトし、フォローではさらに伸ばしてボールを潰す意識を持ちましょう。

 (5)《状況》アウトサイドイン軌道にヘッドが動いています。

 《対策》ダウンスイングで右肘、右手首をしっかりと深く折り曲げてインパクトギリギリまで絶対に伸ばさないようにしましょう。インパクトしたら右手首は伸ばさず右肘を伸ばして、クラブヘッドをインサイドアウト方向へ動かすようにしましょう。

 (6)《状況》ダウンスイングで右手首のコックが解けています。

 《対策》テークバックの初動で手首を折り曲げてコックし、スイング中、絶対に解かないようにしましょう。

 (7)《状況》トップオブスイングからの切り返しで右に体重が残り、かつ、かかとに流れてしまっています。

 《対策》トップオブスイングから切り返しで、左爪先方向へしっかりと深く低く重心移動をしてから、左足の上で体を回転するようにしましょう。

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース