記事詳細

【勝者のワザ】畑岡奈紗、日本女子オープン優勝! 全パワーをボールに伝えきるインパクト “簡単なドリル”で感覚つかむ (1/2ページ)

 2年ぶり3度目の優勝にターゲットを絞り込んで臨んだ日本女子オープンでの畑岡奈紗。

 大里桃子(21)とトップに並んだ3日目を終えた後「スイングにちょっとした問題がある」と最終日に向けての修正点を挙げた。

 「インパクトで、ボールに全てのパワーを伝えきれていないショットが何度かありました。狙ったところよりも右に飛び出したショットは、その結果です」

 ボールに全てのパワーを伝えきる。それは、飛距離の面でも、方向性の面でも、さらにイメージした弾道を空中に描くためにも最も大切な要素。風の影響を受けにくい強弾道のショットは、畑岡の持ち味ではある。

 トップから腕、クラブを振り出していく。もちろん、ボールに向かって。畑岡のスイングには、多くのアマチュアゴルファーが考えているものとは違うところがある。

 プロ、アマ問わず、練習に素振りを取り入れていることだろう。フィニッシュまで気持ちよく振り切る。フィニッシュまでいったら、すぐにトップへと折り返して、またフィニッシュへ。こうした連続素振りも効果的だといわれている。

 それは、それでいいのだが、何かが足りない。ボールを打ち抜く強いインパクトの感覚はつかめないだろう。

関連ニュース