記事詳細

“第1戦を制した方”がワンサイドで日本一と予想! 両チーム好調な「2番・遊撃」がカギ プロ野球・日本シリーズ大予想 小田幸平氏

 昨年までの最近5年間で日本一4度のソフトバンクと、6年ぶりの日本シリーズ出場の巨人。基本的には短期決戦での勝ち方を知っているソフトバンクが有利でしょうが、巨人もCSファイナルステージで丸が決勝のセーフティースクイズを決め、坂本もバントを試みるシーンがあり、レギュラーシーズンとは違う戦い方ができるところを垣間見せました。

 実力拮抗の両チームの日本シリーズ第1戦(19日=ヤフオクドーム)の先発投手はおそらく、ソフトバンク・千賀と巨人・山口。ともに今季成績、現在の調子が抜群のエースですから、第1戦に勝った方がワンサイドでシリーズを制すると予想します。どちらが勝つにせよ、4勝0敗か4勝1敗とみます。

 キーマンは攻守に好調な両チームの「2番・遊撃」。つまりソフトバンク・今宮と巨人・坂本です。パ・リーグのCSファイナルステージでは、僕が有利とみていた西武が敗れましたが、レギュラーシーズン首位打者の森が抑え込まれたのが痛かった。日本シリーズでは、ソフトバンクは今宮、巨人は坂本に火がつくかどうかに命運がかかっていると思います。

 ただし、シリーズMVPに輝くのは、キーマンの2人ではなく、「3番・中堅」のいずれか。ソフトバンク・柳田か、巨人・丸でしょう。「2番・遊撃」がチャンスメークし、「3番・中堅」がすかさず返す。短期決戦の中でこのパターンを確立できた方が、日本一になるとみます。

 付け加えるならば、個人的に“脇役”の活躍に注目しています。ソフトバンクでは内外野どこでも守れて、打撃も勝負強いユーティリティープレーヤーの福田。巨人ではここ一番の代走や守備固めで存在感を示す増田大輝。主力がマークされ試合が膠着状態に陥ったときに、彼らが風穴を開ける活躍をする気がします。(元巨人、中日捕手・小田幸平)

関連ニュース