記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】小倉ひまわり パッティングがグングン上達する“3つのドリル” (1/2ページ)

 今回は、私がラウンド前後に必ずやっている3つのパッティングドリルを紹介したいと思います。

 「ボールの後ろにティーを刺して打つ」

 ボールのすぐ後ろに、少し頭が出るくらいの高さでティーを刺します(写真〔1〕)。そして、ティーの後ろにヘッドをセットして、ティーに当たらないようにボールだけを打ちます。

 このドリルは、パターのフェースの少し下目でボールを打つための練習です。下目(芯に近いところ)に当てたほうが、ボールの回転が良くなり、その分、芝目に負けないからカップインの確率が高くなるからです。

 「ボールをタテに2つ並べて同時に打つ」

 写真〔2〕のようにボールを2つ並べて置き、2つのボールを一緒に打って転がします。

 このドリルをやるのは、フェースの開閉を押さえるためです。インパクトのとき、フェースがスクエアになっていれば2球とも真っすぐ、同じスピードで転がっていきます。しかし、フェース面が少しでも開いていたり閉じていたりすると、2つのボールは同じ方向、同じスピードで転がっていきません。

 パッティングにおいて、スクエアな状態でインパクトを迎えるには、できるだけフェースの開閉を押さえたほうがいいというのは皆さんもご存じの通り。開閉が大きい人はぜひこの練習をやるようにしてください。

関連ニュース