記事詳細

【ココリコ遠藤章造 プロ野球独り言】CSファイナルS第4戦を見て思った「“4番目の打者”にはバントさせなきゃ」 泥臭さなければ来年も厳しいぞ (1/2ページ)

 2019年の阪神タイガースの戦いが終わりを告げた日に、このコラムを書いています。

 タイガースファンなら、いろんな意見があると思います。去年最下位からAクラスに上がったから良くやった! と言う人もたくさんいます。

 確かに順位だけ見れば、Aクラスで最低条件はクリアしたと思います。ただ、後半の6連勝も相手の順位が決まった状態で、勝敗より個人タイトルなどの絡みもあり、少しラッキーな連勝でした。で、クライマックスシリーズファイナルステージを見ていて、私が思ったことを書きます。

 3位からの下克上。もう一つも負けれない第4戦。同点で迎えた6回ノーアウト一、二塁。バッター4番マルテ。ベンチは普通に打たせました。結果サードゴロで進塁もなく、ただ1アウト一、二塁になっただけ…

 確かに、4番打者にバント? しかも外国人。普段からバントの練習もしていないから…色々あるでしょうが、マルテはいわゆる4番打者ではなく、4番目に打順が回ってくるバッターやと思うんです。

 一つも負けれない試合で…これ、巨人なら今年40本ホームラン打った坂本でも、30本打った4番岡本でも…いや、ゲレーロでも、あの場面ならベンチはバントさせてたと思います。

関連ニュース