記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】沢村賞争いが日本シリーズを左右? 巨人・山口vsソフトバンク・千賀 (2/2ページ)

 第1戦でエースとしての存在感を改めて示したソフトバンク・千賀。支度金300万円、年俸270万円の2010年育成ドラフト4位から、今季推定年俸1億6000万円のエースにはい上がった。そしてプロ野球投手の頂点の沢村賞を手にすれば、日本シリーズでも今後さらにモチベーションが上がるだろう。

 第1戦で敗戦投手になった巨人・山口にしても沢村賞を受賞すれば、“代役エース”からワンランクアップ。巨人投手陣の柱として日本シリーズに対する意欲がさらに高まるだろう。

 沢村賞の選考結果が、ON対決以来19年ぶりのホークスVSジャイアンツの日本シリーズの行方を左右するかもしれない。(江尻良文)

関連ニュース