記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】小倉ひまわり パッティングは“自分に合ったテンポで”ストローク 「カップインできる」自信につながる (1/2ページ)

 パッティングがうまくなるためにはどうすればいいか?

 悩んでいる人も多いと思うのですが、実は私も同じ悩みを抱えている1人。パッティングのせいで今までどれだけバーディーを逃してきたことか。それが悔しくて、毎日、何時間もパターを振り続けているのですが、ある日、突然うまくなるということはなさそうです。

 うまくなるためのドリルや練習法は何通りもあり、どれをやろうか迷うこともあるのですが、大事なことはやり続けることだと思います。「センスがない」と諦めるのではなく、「やればやるほどうまくなる」と信じてコツコツとやり続ければ必ず上達すると信じています。

 そうやって練習を積み重ねていれば、いつかは自信が芽生えてくるはず。そうなればもうこっちのもの。私のパッティングもひとつの壁を越えるのではないかと思っているのです。

 現にパッティングのうまい人は、何の迷いもなくパターを振っています。

 たとえばパッティングの名手として知られる鈴木愛さんも、自信があるからこそあれだけの強気なパッティングができるのだと思います。

 また、同じ年のシブコ(渋野日向子)がけれん味のないストロークでカップを狙えるのも、「自分のストロークをすればカップインする」という自信があるからでしょう。

関連ニュース