記事詳細

佐々木朗希、ロッテ指名あいさつ12日後の“裏事情” 「12球団OK」実は違った!? 面談で「指名拒否」匂わす球団も… (1/3ページ)

 ロッテは29日、ドラフト1位で指名した最速163キロ右腕、大船渡高・佐々木朗希投手(17)にようやく指名あいさつを行った。ドラフト会議から12日もかかり、球界では指名拒否説もささやかれたほどだったが、佐々木が入団を前提で話す場面もあり、一安心。ロッテは将来のメジャーリーグ移籍にも前向きで、どうにか“令和の怪物”入団にこぎつけることになりそうだ。(塚沢健太郎)

 ドラフト会議から12日。やっとロッテの一行が大船渡高に現れた。

 近年のロッテのドラフト1位指名あいさつは、昨年の藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)、2016年の佐々木千隼投手(桜美林大)にはドラフト会議の4日後。一昨年の安田尚憲内野手(履正社高)、15年の平沢大河内野手(仙台育英)には翌日と早かった。

 他球団のドラフト1位指名あいさつも、西武が指名した東芝・宮川哲投手が社会人の日本選手権に出場中(29日に敗退)でずれ込んでいるだけで、残りの10球団は終わっている。

 佐々木の指名あいさつは、1週間経っても、10日経っても行われず。それだけに球界で「ロッテに入るのを嫌がっているのではないか」「水面下では条件面で難航しているのではないか」といった噂も流れていた。

 そんな声にロッテの永野吉成チーフスカウト(51)は「変な憶測が飛び交っていたみたいですね。学校側から『(大船渡高創立)70周年の学校行事があるので、そこは避けて下さい』と言われていたんです。誰か球団の人に(世間へ)そのことを言ってもらいたいんですけど…」と困惑する。

関連ニュース