記事詳細

渋野日向子「来季も日本」でホッとした人たち メジャー大会はスポット参戦

 米女子ゴルフのスウィンギングスカート台湾選手権(31日開幕=新北市・美麗華クラブ)に出場している渋野日向子(20)は30日、来季も日本を主戦場にする意向を表明した。

 8月の全英女子オープンで優勝し、米ツアー参戦の資格を得たが、11月18日に迫った来季のメンバー登録について「登録はしない。来年はずっと日本でやりたいと思っている」と明言した。

 渋野は「まだ日本ツアー1年目。日本で経験を積んで、レベルが上がった状態で挑戦したい」と説明。メジャー大会などにはスポット参戦する意向だ。

 台湾選手権は、全英以来の米ツアー出場となり「今の自分の状態でツアーにどこまで通用するのか見たいと思った。楽しみたい」と意欲。東京五輪出場を見据え、世界ランキングを上げる狙いもある。

 渋野の残留表明は、ギャラリー、日本女子プロゴルフ協会、テレビ局など、みんなまとめてホッと一安心といったところだろう。