記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本 「チョロ」、「トップ」を修正する方法 (1/2ページ)

 前回は、フェース上部に当たるミスの対策でしたが、今回はフェース下部に当たる、いわゆるチョロ、トップのズレを修正する方法をお教え致します。

 (1)≪状況≫膝の折り曲げが深く猫背になっていてボールから離れ過ぎています。

 ≪対策≫背筋を伸ばし、股関節から折り曲げて膝は深く曲げないように構えてください。ボール1個近く立つことと、ボールの地下に目線を置き、そこにヘッドを当てる意識を持ちましょう。

 (2)≪状況≫ボール位置が左過ぎます。

 ≪対策≫ボール位置を右足側にボール1個ズラしつつ(同〔2〕)、上から鋭角にダウンブローで当てる意識を持ちましょう。

 (3)≪状況≫インパクトで体のスパインアングル(前傾角度)崩れて伸び上がっています。

 ≪対策≫インパクトの瞬間に腹筋に力を入れてヘッドアップせず、インパクトを迎えるようにしましょう。

 (4)≪状況≫当たる瞬間に左肘を曲げて引いてしまっています。

 ≪対策≫ハーフスイングで常に両腕を伸ばしたままでインパクトし、フォローでは体重を左足加重にして、さらに腕を伸ばし、ボールをつぶす意識を持ちましょう。

 (5)≪状況≫アウトサイドイン軌道にヘッドが動いています。

 ≪対策≫ダウンスイングで、右肘、右手首をしっかりと深く折り曲げ、インパクトギリギリまで絶対に伸ばさないようにしましょう。インパクトしたら右手首はそのまま伸ばさないようにして、右肘を伸ばして、クラブヘッドを地面方向へダウンブローに動かしましょう。

関連ニュース