記事詳細

森会長“赤っ恥” 東京五輪マラソン日程前倒し案、たった1日でIOCがダメ出し!「もう少し工夫を」 (2/2ページ)

 ネット上で、札幌のコースは見ていてつまらなさそうといった批判もあがる中、8日、組織委員会の武藤敏郎事務総長が発着点の候補と目されている大通公園に加え、札幌ドームや円山公園を視察した。

 12月3日に始まるIOC理事会までに、発着点やコースなどを固めることを目指すとしているが、最悪の場合、来年にずれ込む可能性もでているのだ。「ここからは積雪でコースの計測なども難しくなる。本格的な稼働は雪解け以降になる可能性が高い」と関係者。