記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】阪神、山本昌臨時投手コーチの“功罪” 現職コーチの胸中は複雑!?

 阪神の秋季キャンプ(高知県安芸市)で中日OBの山本昌氏(54)が臨時投手コーチを務めている。スター不在の阪神にすればレジェンドの一挙手一投足は格好の話題で、球団幹部は「活気がある。招いてよかった」と目を細める。

 一方、面白くないのは現職の投手コーチたちだろう。ブルペンで目立つのは山本昌氏で、福原、金村両コーチらは指導を観察する側に回る。「矢野(監督)がいまのコーチに信頼を寄せていたら臨時コーチを呼ぶ必要はないわけで、福原、金村らの胸中は複雑だろう」と球団OBは推し量る。

 とりわけ矢野監督が山本氏に期待するのは、藤浪復活の後押しだ。今季は1軍が福原、金村、2軍が香田、高橋と4人の投手コーチが藤浪の指導にあたったが、後退の一途。山本氏を招く引き金になったといわれる。

 「キャンプをのぞいたら、山本昌は藤浪にチェンジアップを教えていた。マスターするのが目的ではなく、フォームの改善。手首を縦に使うための一環と思う。これまでフォームに迷ってきた藤浪にすれば、溺れる者はわらをもつかむの心境ではないか」と先のOBは見る。

 仮に藤浪が完全復活を遂げれば、山本昌氏の大手柄になる。現職の投手コーチは立場がない。これまでの指導法に疑問の声が上がるのは必至で、臨時コーチを招くのも功罪相半ばといったところか。(スポーツライター・西本忠成)

関連ニュース