記事詳細

「皆様の支えがあったから」阪神・原口にセ・リーグ特別賞

 一塁手として1632連続守備機会無失策のプロ野球記録を樹立したDeNAのホセ・ロペス内野手(35)と、不屈の精神で大腸がんから1軍復帰を果たした阪神・原口文仁捕手(27)が11日、セ・リーグ特別賞に選出された。

 原口は1月に大腸がんを患っていることを公表し、手術とリハビリを経て1軍復帰。昇格した6月4日のロッテ戦に代打で出場し適時二塁打。同9日の日本ハム戦では代打サヨナラ打を放ち、7月のオールスターでも2試合連続本塁打。

 「病気が発覚してからは苦しい事もたくさんありましたが、家族、チームメート、関係者の方々、そして多くのファンの方々に支えられ、ここまで戻ってくる事ができたと思いますし、皆様の支えがあったからこそ受賞できた賞だと思います」とコメントした。