記事詳細

【最先端アマチュアスイング】「フェースを返さないで飛ばすスイング」高度な技術必要なく、いたってシンプル

 ゴルフ用語に“フェースターン”という言葉があるのはご存じの通り。

 これは文字通り、バックスイングでフェースを開き、ダウンスイングからインパクトにかけてフェースを閉じるという、フェースをターンさせる動き。そして、この動きがあるからこそ球はつかまり、ヘッドスピードもアップし、飛距離も伸びると考えている人が多いようです。

 しかし実際にフェースターンは必要なのか?

 結論から言うと、フェースターンをせず、写真〔1〕のようにフェースを閉じた状態でインパクトを迎えたほうが、ボールに強い力を加えることができるし、フェースを真っすぐ当てやすくなるので方向性も狂いにくくなります。

 逆にフェースターンをすると、急激にフェースを閉じるわけですから、タイミングが合わないとフェースが真っすぐに当たらなかったり、ボールをこするような動きになりかねません。となると、当然のように飛ばなくなるわけです。

 にもかかわらず、なぜ、フェースターンをしたほうがいいと思っている人が多いかというと、まずプロゴルファーのフォロー(〔2〕)が積極的にフェースターンをしているように見えるからでしょう。

 それともうひとつ、アマチュアゴルファーにスライサーが多いというのも大きな理由です。多くの人が、スライスが出ないようにフェースを返して打っているため、「フェースターンをするから球がつかまり、球がつかまるからスライスしないで飛距離も出る」と考えているようです。

 先ほども言ったように、フェースはできるだけ真っすぐな状態でボールにぶつけたほうが、真っすぐ飛ぶ確率が高くなるし、エネルギー効率も高くなります。

 そこで「フェースターンをしないで飛ばすスイング」を皆さんに分かりやすく紹介していきたいと思います。

 高度な技術を必要としないし、どちらかというとシンプルなスイングなので、どんなゴルファーでも無理なくできるはず。ぜひマスターしてください。

 ■坂本龍楠 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。