記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】FA戦線、ソフトバンク・福田秀平が人気のワケ

 プロ野球は「プレミア12」が盛り上がっていますが、ストーブリーグもFA戦線がヒートアップ。野手で注目の一人が西武、ロッテ、ヤクルトの3球団が獲得に名乗りをあげている、ソフトバンク・福田秀平選手(30)です。

 プロ13年目で、まだ1度も規定打席に到達していない彼が、ここまで脚光を浴びるのはなぜか?

 もちろん、層の厚いソフトバンク以外のチームであればレギュラーを獲れる逸材なのかもしれませんが…。在京ファンにはなじみがいまひとつ薄い福田選手の魅力について、今年までソフトバンクのコーチをされていた飯田哲也さん(51)に伺いました。

 まずは守備。

 飯田「彼の守りはうまいだけでなく“攻めて”いるんですよ。最近は、ここでチャレンジしてほしいなって場面でも無難にプレーする選手が多い中、彼はアグレッシブに行ける選手です」

 現役時代に7年連続ゴールデングラブ賞に輝いた飯田氏の称賛ですから説得力があります。

 では、打撃はどうか? 1軍出場歴9年で通算255安打という数字は、さして評価に値しないように思えますが…。飯田氏は面白いことを教えてくれました。

 「彼は“エースキラー”なんです。なぜなら速いストレートをものともしない」

 調べてみてビックリ。福田選手は2016、17年に2年続けて、当時日本ハムの大谷翔平投手からホームランを記録しています!

 試合数が少ないながら、9年間で79盗塁という俊足も魅力。今季推定年俸3600万円でも、福田選手の去就は来季のチーム順位に影響を及ぼすかもしれません。(フリーアナウンサー・松本秀夫)

関連ニュース