記事詳細

巨人史上初 “外様”山口俊がポスティング第1号の「トホホな舞台裏」 球団混乱の16年オフ、交渉主導の幹部は粛清、“密約”だけ引き継がれ… (1/3ページ)

 巨人は18日、山口俊投手(32)のポスティングシステム(入札制度)による米大リーグ移籍を容認。これまで生え抜きの功労者にも一切例外を認めてこなかった球団方針は、在籍3年目の外様によってあっさり覆された。歴史を動かしたのは、2016年オフにDeNAからFA宣言した山口の争奪戦を制するため、契約条項に盛り込まれた“密約”。すでに当時の担当者は去り、原辰徳監督(61)や現体制のフロントが後始末をさせられた構図だ。(笹森倫)

 都内で山口、原監督とともに会見に臨んだ今村司球団社長(59)は、「山口選手の夢を尊重し、ポスティングを認めることにした」と建前を述べた後、「経緯を説明します」と本音を切り出した。

 「16年に山口選手とFA交渉する際、『メジャーリーグに挑戦してみたい。その目標のもと野球で一生懸命頑張りたい』という強い思いを伝えられ、時期を確定しない形でポスティングの権利を認めました」

 入団当初からささやかれていた、山口との“密約”を球団が初めて公式に認めたことになる。

 かつては毎オフ、上原浩治(44、今季途中で現役引退)がポスティングによる米移籍を直訴したが、巨人は頑として認めず海外FA権取得まで待たせた。日本球界の盟主の威信にかけて海外への人材流出を後押しするような姿勢を見せるわけにはいかなかったからだ。

関連ニュース