記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】巨人の“門戸開放”が鷹に飛び火? エース千賀はメジャー志向…契約交渉で一騒動も (1/2ページ)

 巨人が山口俊投手(32)に対し球団史上初のポスティングシステムでのメジャー挑戦を認めたことは、球界に波紋を広げる。注目されるのは、唯一門戸を開放していないソフトバンクの対応。エースの千賀滉大投手(26)が一昨年からポスティングでのメジャー移籍を要求し続けているからだ。

 ソフトバンクの三笠球団取締役は「巨人が認めたからといって、どうということではないが、考えないといけない時期にきているのかな。王会長や後藤社長、オーナーのお考えもある」と含みを持たせた。孫オーナー、王球団会長、後藤球団社長という3トップの考え方次第というワケだ。が、孫オーナーから球団に関して全権を任されている王会長のスタンスは終始一貫している。

 「ポスティングシステムは、どういう理屈をつけても、球団がカネで選手をメジャー球団に売ることに変わりはない。海外FA権を取得してからメジャーに行くのが筋だろう。年数が長すぎるというのなら、選手会が短縮の交渉をすればいい」

 全くの正論だろう。年俸が高騰したダルビッシュ、大谷のポスティングシステムでのメジャー移籍を容認し、代わりに巨額の譲渡金を手にした日本ハムのように、ビジネスと割り切っている球団まである。

 有力なドラフト候補生に対し「ウチに来れば、海外FAを待たずに将来、ポスティングでメジャーに行けますよ」とアピール材料にしている。

関連ニュース