記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】寺西明、室内で出来るパッティング上達法を紹介 (1/2ページ)

 今回は、私がいつもやっているパッティングレールを使った練習法を紹介しましょう。

 パッティングレールというのは、中央がレール状になっているパッティング用練習器具のこと。フェースをスクエアに当てればボールはレールの上を真っすぐ転がり、少しでもミスをするとボールがこぼれてしまうというシンプルなものです。

 練習方法もいたってシンプルです。この器具を使ってひたすら真っ直ぐ転がす練習をしています。

 私なりに少しアレンジしているのは、レールの部分にマジックで線を書き込んで、真っすぐがより強く意識できるようにしていることです。

 また、ストロークに関しては、ターゲット側だけでなく、テークバック側のスパット(目印)も意識し、できるだけスクエアにボールをとらえられるようにしています。

 そして、グリーン上で構えたときも、パッティングレールが目の前に表れるように、毎日この練習を必ずやるようにしています。

 極めて単純な練習ですが、プロやトップアマはこういう地味な練習を積み重ねることで、パッティングの技術を磨いています。しかもこのようなストローク練習は、パッティンググリーンでなく室内でもできるので、皆さんも1回5分程度でいいから毎日やったほうがいいと思います。

 それともうひとつ、パッティングの精度を上げるためのアドバイスを。

 ストロークをする際は、自分が気持ちいいと感じるリズムでパターを動かすことが大事です。そのリズムを体が覚えていれば、しびれる場面でもいつもと同じようにストロークができるからです。

関連ニュース