記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】昨オフはソフトバンク、今オフは巨人が惨敗 国内FA市場は「金銭よりも活躍の場が最優先」に (2/2ページ)

 結果的に、楽天・美馬とロッテ・鈴木の交換トレードのようなもの。どちらもライバル意識を持って新天地で競い合うだろう。2年連続して「お金よりも活躍の場最優先」という、国内FA市場になったのだ。

 「そもそもFA導入は移籍の自由、活発化が目的だったはずだ。それがいつの間にか、選手の年俸、待遇アップになってしまっている」

 こう喝破したのは、ソフトバンク・王球団会長だ。そして、西、浅村のダブル獲得失敗の際に「ショックはないよ。かえって若い選手にチャンスができたのだから、若い選手が頑張ればいいだけだ」と言っていた通りの3年連続日本一。

 昨年のソフトバンク、今年の巨人惨敗の国内FA市場を見ると、本来の意図通りに正常化されたともいえるだろう。(江尻良文)

関連ニュース