記事詳細

渋野日向子、世界ランク12位 逆転賞金女王「なるべく考えない」

 女子ゴルフの25日付世界ランキングが発表され、大王製紙エリエールレディスで優勝した渋野日向子(21)は3つ上げ12位に浮上した。

 来年6月末の日本勢上位2人が東京五輪出場権を得るが、畑岡奈紗(20)は1つ下げ5位。鈴木愛(25)は17位で変わらなかった。

 渋野は優勝から一夜明けたこの日、宮崎市内で「京セラ フェニックスチャレンジ」(12月22日午後4時、TBS系)の収録に参加。石川遼(28)と初対面し、テレビマッチに臨んだ。

 逆転賞金女王の可能性を残す最終戦のツアー選手権リコー杯(28日開幕、宮崎CC)へ「なるべく考えない。自分のプレーができれば結果はついてくると思う」。収録後は高千穂に向かうと明かし「やっぱり観光地には行きたい。久しぶりに『きよきよ』(清々、リフレッシュの意味)してくる」と元気いっぱいだった。