記事詳細

15年ぶり優勝目前の横浜M、世界最大級マカオカジノに身売りか 鹿島のメルカリ売却に続き、Jリーグ名門がまた… (1/3ページ)

 またも日本サッカーの名門が身売りか。明治安田生命J1リーグで、2004年以来の優勝に王手をかけた横浜F・マリノスに、メーンスポンサーを務める日産自動車の撤退説が再燃している。経営難からクラブ運営の主導権はすでに失われ、今回の躍進も世界各国のクラブを傘下に収める英国のサッカー事業グループによるもの。7月には常勝軍団の鹿島がフリーマーケットアプリ大手のメルカリに身売りして大きな衝撃が走ったが、国際都市・横浜のクラブには海外の超巨大企業が触手を伸ばしている。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 昨季はJ2降格の危機にも瀕したマリノスだが、今季の戦いぶりは実に見事だった。

 GKまで守備ラインを上げて攻撃の駒にする、過去のJリーグでは例のない「超攻撃的布陣」を軸に速攻を展開。先制した試合は19勝2敗1分と圧倒的な強さを誇る。

 リーグ終盤に入り破竹の6連勝中。ホームで迎える最終節のFC東京戦(7日、日産ス)は大差で敗れない限り優勝だ。チケットはすでに完売。15年ぶりの歓喜に立ち会おうと、6万5000人の大観衆が詰めかける。

 そんな祝賀ムードで盛り上がる横浜の街に、水を差すような身売り説。これまで何度も浮上してきたのと同様、背景にあるのは日産の経営難だ。

 採算の合わないスポーツ部は容赦なく斬ってきた日産だが、マリノスは1972年に前身の日産自動車サッカー部が創部されて以来、別格扱いされてきた。日本リーグ時代にはライバル、読売クラブ(現J2東京V)に「追いつき、追い越せ」と選手のプロ契約をいち早く進めた。ただ、近年の実態はかなり異なる。今や専用練習場すらない放浪生活。サッカー部時代を知るチーム内でも数少ない関係者らは「もう今のマリノスは昔のマリノスではない」とはっきり口にする。

関連ニュース