記事詳細

【最先端アマチュアスイング】「フェースを返さないで飛ばすスイング」 大きなスイングアークは必要なし

 「飛ばすためにはできるだけスイングアークを大きくしたほうがいい」

 そう考えているゴルファーも多いのではないでしょうか。そしてそのために、テークバックではできるだけクラブを真っ直ぐ動かし、ハーフウェイバック以降は、写真〔1〕のようにクラブを横に放り投げるようにクラブを振り上げていく人も多いようです。

 しかし、そもそもこの動きが飛距離をロスする原因です。その理由は、手の位置が体から離れると、クラブの重量が腕にかかることになり、アドレスで作った手首の角度がキープできず、結果的にフェースが開いてしまうからです。

 特にシニアや女性ゴルファーなど力のない人はそれが顕著に表れるので、「スイングアークを大きく」は結果的に飛距離ダウンを招いてしまうのです。

 では、スイングアークが大きくならないようにするためにはどうすればいいか?

 まず、アドレスでは手元(グリップ)を前傾姿勢の胸の下に入れておくことが大切です(同〔2〕)。この時点で手元が体から離れていると、クラブを横に放り投げるようなバックスイングになりやすいからです。

 また、テークバックの始動の際は、手元を体から離さないようにすることも重要なポイントになります。もっと言えば、手元を骨盤に引きつけるぐらいの意識が必要です。

 そのためにあらかじめ準備しておきたいのが、アドレスの際、両肘に少しゆとりを持たせて構えることです。

 多くの一般ゴルファーは、「アドレスでは肩と腕とでできる三角形を意識して、これを崩さないようにクラブを振り上げろ」と教わっているようですが、三角形だと腕が棒状になってしまい手元が体から離れやすくなります。なので、三角形ではなく五角形気味に構えてみてください。

 そうすれば、両肘にもゆとりができて、クラブが動き始めても手元を体の近くに引きつけておくことができるはずです。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

関連ニュース