記事詳細

バスケ界のレジェンド・折茂武彦49歳、オールスター戦出場19回でMVP8度の秘訣は… (2/2ページ)

 大舞台でパスを集めるには、夜の処世術がものを言う。折茂はコート内ではエゴイストでも、コート外ではネオン街で賞金を仲間に還元する「チームプレイヤー」だ。

 「多くMVPを取らせてもらいましたが、それ以上のものが出ていっている。夜はほぼマイナスで終わっています。それもまたオールスター」

 最後に獲得したMVPは12年のJBLオールスター。当時の賞金は30万円だった。2つに分立していたリーグがまとまって15年に発足したBリーグだが、観客は着実に増えている。MVPの賞金も100万円に増えた。

 今季のオールスターは知り尽くした街、札幌で開催される。最後の栄冠を獲得すれば、大男たちが寒空のもと、ススキノのどこかで2回戦を楽しむことになるだろう。

 最近のアスリートは真面目派が増えたが、絶滅危惧種ともいえるサムライの1人だ。現役最後を飾る花道で、折茂らしい男気を見せてほしい。(スポーツライター 鞠山玉堂)

関連ニュース