記事詳細

佐々木朗希の入団会見、まるでロッテ新商品発表会!? 「ササキのマーチ」に佐々木希から祝福も

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=ら育成を含む新人7人の入団発表会が9日、都内のロッテ本社で行われた。壇上は同社が展開する新サービスの紹介あり、CM出演中でモデルの佐々木希(31)からの祝福コメントあり。さながら新商品発表会の様相を呈した。

 恒例となったロッテ本社での新入団発表。永野チーフスカウトによる笑いあり、エピソードありの新人紹介が名物コーナーだったが、今年はかなり手短かに終わった。

 「毎年、私のところの尺が短くなっている気がする…」とこぼした同スカウトのつぶやきをよそに司会が「それではここで選手のみなさんにオリジナルの『コアラのマーチ』の贈呈です」と宣言。女性社員から手渡された一品はコアラの顔の部分に佐々木の写真が入り、商品名が“ササキのマーチ”となっていた。

 ハニカミつつ「自分もコアラのマーチみたいに活躍できるように頑張りたい」と親会社思いのコメントを残した右腕には、会の終盤にさらなるサプライズが用意されていた。

 夫でお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(47)と同社のCMで共演したことでも知られる佐々木希から祝福のメッセージが贈られた。

 「同じ東北の出身で名前も漢字一字違い。勝手に親近感を感じていました。プロに入って重圧を感じることもあると思いますが、目標に向かって全力で突き進む姿を見られることを楽しみにしています」と司会が代読すると頭を深々と下げた佐々木朗。

 「目標は沢村賞」「憧れの選手は田中将大投手(米大リーグ・ヤンキース)」とヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜高=とまさかのモロ被りした令和の怪物は、意識する同級生として奥川の名前を挙げた。奥川も同じ質問に佐々木の名前を挙げている。同い年の逸材が互いに意識しつつ、目指すところは日本最強投手かつメジャーの一流と同じ。どの時点の選択が互いの道を分かつのだろうか。(片岡将)

関連ニュース