記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】インパクトゾーンでのヘッドの走らせ方は天下一品 元中日など・川上憲伸さん (1/2ページ)

 ゴルフ経験も少なく、一般のアマチュア同様、「飛距離を狙って思い切り振る」というタイプのゴルファーですが、随所に元プロ野球選手、それも一流のピッチャーだった片鱗が感じられます。

 最も印象に残ったのは、世に氾濫しているレッスンの情報に惑わされることなく、自分が持っている野球のイメージでスイングしていることです。

 たとえば、切り返しから右足を蹴り、ダウンスイング~インパクトでヘッドを走らせる動きなどはまさに理想的。また、インパクトでの力の込め方を見ていると、投球の際の、ボールをリリーする瞬間のリズムとタイミング、力の入れ具合がそのままスイングに生かされていて、エネルギーを最大限ボールに伝えることにかけては男子プロに劣りません。

 それともうひとつ、あれだけ方向性が安定しない中で、絶対に曲げてはいけない方向に曲げないという意識を持っていて、どういう回転をかけるべきかを常に考えるあたりも、一般のアベレージゴルファーにはない能力といえるでしょう。

 たとえば、「普通に打つと左が怖いから、吹き上がって飛距離が出なくてもいいから擦っとけ」みたいなことを瞬時に考えられるのは、一流の野球選手だからだと思います。

 特にピッチャー出身らしく、回転に対する感覚は鋭敏で、ゴルフボールの回転をどのようにコントロールするかはすでに身に付いているようです。

 ちなみに、ドライバーで“飛ぶ”と言われる回転数は2000回転台ですが、投球で“おじぎしないで伸びる球(俗にいう切れる球)”もほぼ2000回転だとか。こういうところにもゴルフと野球との共通点があるようです。

関連ニュース