記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】「高校野球監督騒動」はイチロー流の自己アピールか 渡辺主筆も太鼓判押した“ビジネスマン”の顔 (1/2ページ)

 学生野球資格回復研修会に参加したイチロー氏を巡り、大リーグ経験者で初の高校野球監督誕生騒動が起こっている。が、ビジネスマン・イチロー氏の真骨頂というしかない。

 かつて巨人軍イチロー監督誕生を熱望した渡辺恒雄氏(現読売新聞グループ東京本社代表取締役主筆)が、こう太鼓判を押している。

 「イチロー君は素晴らしい男だ。監督どころか、ビジネスも良くわかっているから、球団経営者、オーナーでも務まるよ」

 日米野球に出場した際、会食してイチロー氏にべた惚れ。手放しで絶賛したのだ。まさにビジネスマン・イチロー氏の素顔を見抜いた一流経営者ならではの慧眼だろう。

 実際に、イチロー氏は選手時代から自らをアピールすることにかけては天下一品。一番強烈な印象が残っているのは、ソフトバンク・王貞治監督が日本代表監督を務め、世界一を達成した2005年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だ。

 「マリナーズ・イチローとヤンキース・松井の二枚金看板」を王監督は掲げるつもりだったが、松井は辞退。この裏にはイチローが介在していたのだ。松井サイドの関係者が楽屋裏を証言した。

 「グラウンドでイチローさんが松井の所へきて『WBCと言ってもオープン戦のようなもの。一緒に決めようよ』と言ったんですよ。話の流れから、松井でなくても『イチローさんも欠場するんだ』と思うだろう」

関連ニュース