記事詳細

新国立競技場、懸念されていた「気候対策」全くなし! 選手よりも体調管理が過酷な観客 (1/2ページ)

 冬は寒すぎ、夏はクソ暑いスタジアムの誕生になった。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場で15日、国内外500人を超える報道陣へ向けた内覧会が行われた。

 整備費は最終的に1569億円で完成。当初のデザイン案は2520億円だった。しかしお披露目とは残念ながら名ばかりの、突っ込みどころ満載の一日だった。

 まず、ほとんどの場所が「撮影や取材、立ち入り禁止」の看板ばかり。報道陣の入退場にも、セキュリティー上の関係で規制がかかった。

 「杜のスタジアム」のコンセプトのもと、外観となる軒やひさしは、北側が北海道や東北、南側は九州、沖縄などと各都道府県の位置を反映する形で47都道府県産の「杉」を中心にした木材が使われた。杉のない沖縄県には「琉球松を使用しています」(国立競技場関係者)というオチも。

 懸念されていた寒さ対策は、やはり全くなし。内覧会は午後1時から日が落ちた6時までで、開始時は気温13度、風もほとんどなく、日が当たるところでは心地よかった。

関連ニュース