記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】五輪で金メダルを目指すなら…E-1選手権・韓国戦で使えない選手は二度と呼ぶな!

 --森保ジャパンは2年に1度の東アジア王者を決めるE-1選手権で日韓戦(18日)に勝てば優勝です

 清水「勝つだけじゃ…ダメだろ?」

 --でも順当に連勝しましたが

 「圧倒しなきゃ。それも、どのポジションでも1対1で競り勝って、すっきり完勝しなきゃだぜ。勝つのは当然というノリでいかなきゃさ」

 --ハードルが高くないですか

 「そんなことはない。日韓ともに国内組で、日本は来年の東京五輪代表候補がズラリ顔をそろえている。彼らは何を目指しているんだっけ?」

 --金メダルです

 「だろう~!! それじゃ、韓国相手に負けはもちろん、接戦だってしていいのかね? 東アジアで王者になれなくて、どうして五輪で金メダルが取れるんだい? 説明してくれよ(苦笑)」

 --でも今大会ではFW小川(磐田)が代表デビュー戦の香港戦でハットトリック。中国戦ではMF森島(広島)もよかった

 「じゃあ聞くが、小川や森島が韓国戦でこれに近い活躍ができるかい? これまでの相手は明らかに日本の力が上。韓国戦でジタバタせずにこれまでのような動きができるか。JリーグMVPを獲って記者さんたちが絶賛していたMF仲川(横浜)だって、香港相手に単調な動きしかできなかったじゃない?」

 --韓国は日本相手になると、とにかく力の入れ方が違います

 「事実、Jリーグがスタートした1993年以降でも日本は7勝10分9敗と負け越し。前回ハリルホジッチさんはホームで先制しながら1-4と惨敗して、最終的にはクビになっている。韓国戦で通用しない選手は当然五輪もAでも、二度と代表に呼んではいけません。それだけ厳しいもんなんだから、韓国戦は…」(元J1仙台監督・清水秀彦=聞き手・久保武司)

関連ニュース