記事詳細

“ハマの守護神”山崎、来オフメジャー挑戦 DeNA容認のウラ事情 (1/2ページ)

 ハマの守護神が、敬愛する主砲の後を追おうとしている。DeNA・山崎康晃投手(27)が20日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉。球団にメジャー挑戦の希望を伝えた。

 2年連続で最多セーブのタイトルを獲得し、昨年に続き1億円の大幅昇給。来季年俸3億5000万円で「納得してサインさせていただいた」とした上で、「将来、メジャーに行きたいという気持ちを球団に伝え、『しかるべきタイミングで話をしよう』と言っていただいた」と交渉の席でのやりとりを明かした。

 「タイミングを遅らせてもいい条件はもらえないし、健康なうちに行きたいのはある」と早期の渡米を熱望する右腕に、球団側も同調の構え。下交渉の段階から複数回、本人の意向を聞いてきた三原球団代表は「去年の筒香と同じように伝えられたので、『分かった』と。(話し合うのは)来季が始まる前や途中ではないと確認しました。終盤に順位が決まってきたら、そういう話になってくる」と説明した。

 三原代表は「方法もまだ(決めてない)」とするが、海外FA権取得は早くとも2023年シーズン。来オフの移籍となれば、ポスティングシステムを使うしかない。

 筒香は昨年の契約更改で年俸4億円に達し、今オフのポスティングが認められた。ある球団幹部は「来季、山崎が今年と同程度の成績なら4億円は間違いなく超えてくる。ウチとしてはギリギリの金額」と明かす。守護神としての順調な歩みが、球団内の年俸バランスを傾けつつあるのだ。

関連ニュース