記事詳細

東京五輪中継「勢力図」に異変! 一番人気は陸上男子リレー “花形”マラソンは長期低迷と札幌開催で人気急落? (1/3ページ)

 開幕まで200日を切った東京五輪。NHK、民放各局による中継競技の争奪戦も佳境に入り、希望が重複した人気種目はプロ野球のドラフト会議と同様、抽選にゆだねられた。一番人気は、サニブラウン・ハキーム(20)を軸に日本が本気で金メダルを狙う陸上男子4×100メートルリレーで、各競技の割り振りは24日にも発表される。放映権だけでも数百億円のビッグマネーが動く、テレビ業界にとっても4年がかりの大事業。悲喜こもごもの舞台裏を探った。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 五輪、サッカーW杯などの世界的なスポーツイベントは、NHKと民放各社が運営する放送機構「ジャパンコンソーシアム」が、高額な放映権料の支払いと中継の共同制作を行っている。人気が集中した種目の中継局は抽選で決定。2014年サッカーW杯ブラジル大会では、スタッフ全員で高尾山にお参りしたテレビ朝日が、日本戦の放映権を4大会連続で獲得するなど、放映権を巡る数々のドラマがある。

 今回の五輪では、その人気勢力図に異変が。これまで日本における五輪のテレビ中継の花形といえば、男女ともマラソンだった。男子では1984年ロサンゼルス、88年ソウル大会に出場した瀬古利彦氏。そして女子は2000年シドニー大会で、史上初の金メダルを獲得した高橋尚子氏らが黄金時代を築いた。

 「勝てない期間が続いていますが、マラソンの人気は毎大会、根強いものがあった」と民放関係者。しかし、光が見えない日本勢の長期低迷と、東京から札幌にコース変更になったダブルパンチにより、自国開催の大会でついに地に落ちた。

関連ニュース