記事詳細

MLB、アストロズのサイン盗み認定 球団はルノーGM、ヒンチ監督を解任

 米大リーグ機構(MLB)は13日(日本時間14日)、アストロズのサイン盗み問題の調査結果を公表し、ルノー・ゼネラルマネジャー(GM)とヒンチ監督に今季終了までの職務停止処分を科すと発表した。これを受け、球団のクレイン・オーナーが同日会見し、両者を解任した。

 調査によると、ワールドシリーズを初制覇した2017年から18年途中まで、中堅後方のカメラを使うなど電子機器を使ってサインを盗んでいた。MLBは、選手のほとんどが加担していたと認定したが処分は見送り、球団に規定最大限の500万ドル(約5億5000万円)の罰金および、今年と来年のドラフト1、2巡目の指名権剥奪の処分を下した。

 17年ワールドシリーズ制覇、地区3連覇中の常勝軍団の名声は地に落ちる結果となった。現レッドソックスのコーラ監督(17年当時アストロズのベンチコーチ)にも処分が科せられる可能性があるという。